FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

愛猫の死

今日は甲子の日。

ちょうど、ひと月程前の9月2日、愛猫のラムが
行方不明になりました。
いつもなら、夫の帰りを、とても楽しみにして
体を回転させて喜びを表現していたのですが、
その日は、元気がない様子で大人しかったみたいです。
その前日は庭の月下美人が8輪、とてもきれいに咲いていました。
その夜に、ラムと主人の写真を撮ったのですが、主人の顔がぼやけていたので、
数枚を削除してしまい、ラムの後ろ姿の写真だけが残ってしまいました。
その日は、ラムの顔がとても綺麗で、いつもとは違う雰囲気を持って、
輝いて見えました。
偶然にも、2日の夜に娘が帰省しており、夜の9時過ぎに
外庭の椅子に、ラムが座って、娘に対して振り返って見せたのが、
最後の姿となりました。

2日の夜が明けて3日の夜になっても帰って来ないので心配になり、
猫が帰って来る、「おまじない」をしました。
そして、五行易を打ちました。
初めの「卦」は、弱いながらも
まだ、生きて帰って来る「卦」が出ました。
二回目は、生きている望が薄いと出ましたが、
必ず帰って来る「卦」でした。
三回目は、絶対に帰って来る「卦」で、
申の日か酉の日に帰って来るであろう、そして、
結論が次の戌の日までに出るという「卦」でした。
懸念されることは、違う姿(死)で帰ってくるのでは・・・
・・・とも予想される「卦」でもありました。

そして、その予想どうりとなりました。

酉の日の夕方6時半ごろに、
隣人のYさんから「ラムちゃんが庭で死んでる」と連絡がありました。
Yさんも、動物好きなので、ラムの亡き骸をバスタオルにくるんで
発砲スチロールに納棺してくれていました。
そして、主人がラムを引き取りに伺いました。

ラムは5年ほど前から家族となりました。
可愛いシャム猫で、しかし、虐待を受けていたようで、
お腹の毛を剃られていました。
よちよち歩きの子猫が、何故、家に来たのかも
何処からやって来たのかも謎でした。
そして、突然、私達の前から逝ってしまいました。
人間年齢では、まだ35歳から36歳だそうです。
死因は今も謎です。
家の庭の百日紅の木の根元に現れて、
そして、紅葉の木の下で息絶えました。
本当に賢くて、お行儀が良い猫でした。
鈴が鳴るような声で、
朝、起こしに来てくれた可愛かったラム、
今、とても寂しくて辛いです。
「生きている」と言う事に改めて有難さを感じています。
この世で生かせてもらえてる命 (時間)には
限りがあると言う事をわかってはいるのだけれど、
もっと大切に大事にしなければならないことを
もう一度、君に教わりました。

今まで本当に、ありがとう!
悲しくても前進します。
また、君と虹の橋で再会できるその日まで、
毎日を明るく楽しく大切に過ごします。
http://kourin830.blog73.fc2.com/blog-entry-150.html

2.jpg  1_20171004144534e4e.jpg


4_R.jpg  3_R.jpg  5_R.jpg


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

kourin830

Author:kourin830
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。